京都府で高校受験に合格する為には。

京都府の高校受験を乗り切ろう!

京都府の高校受験を無事乗り切る為には学力をつけることは言うまでもありませんが、京都府の高校入試の仕組みと高校のレベルを知り、各高校、各地域の受験の仕組みに合った対策を立てなければいけません。京都府の公立高校に合格する為には、第Ⅰ類、第Ⅱ類、第Ⅲ類、総合選抜など選抜方式によって違いはありますが、内申点と当日の高校入試テストで点をとらないといけないのはどれも共通です。
私立高校に関しては各高校によって選抜基準が違いますが、学力をつけないといけない事は言うまでもありません。
京都府の公立高校の選抜方法は京都市内の第Ⅰ類は総合選抜で、それ以外は単独選抜です。
内申書に関しては、中学1年生~3年生すべて評価され、特に公立高校受験の合否に大きな影響を与える事になりますので、当日のテスト対策だけでなく、内申対策もしっかりやらないといけません。
当サイトの 京都府高校入試情報より内申、入試の情報を参考にして下さい。
当サイトの情報が少しでもお役に立てば幸いです。

京都府の公立高校入試の特徴は、内申書(調査書)が中学1年~3年生すべて評価されるというのが一番大きいでしょう。
入試における選抜方法は推薦選抜、総合選抜、単独選抜、特色選抜等がありますので、くわしくは当サイトの京都府の公立高校入試の選抜方法を参考にして下さい。入試の仕組みを知っているだけでも予め対策を立てる事も出来ます。

京都の高校口コミ情報

京都の高校受験生へ。奈京都の公立高校、私立高校の口コミ情報

卒業生の生の高校情報!京都の公立高校、私立

高校の卒業生、先輩達の生の声を志望校選びの参考にして下さい。

詳細はこちら



京都府の高校受験に備えて家庭教師、塾は必要なのか?

京都府の高校受験に備えて家庭教師、塾は必要なのか?

京都府の公立高校受験の場合、当日のテストが各教科40点満点の合計200点、調査書の点が195点の合計395点満点のうち何点あるかで合否が決まります。この事から調査書で半分高校が決まる事を考えると内申対策(調査書対策)を怠る事なく実施する事が高校受験対策にものすごく有効です。
ただ一つ難点なのが、京都府の場合先述したように中学1年生~3年生すべて調査書点として評価されてしまうので、中3になって頑張ったからと言って、中1、2の調査書点を取り戻す事ができません。

調査書点は主に普段の定期テストで評価されますが、定期テストの内容は学校で使用している教科書の内容と、授業で教えられた内容からしか出ないので、家庭教師や塾の力を借りなくも充分に点を取る事は可能です。
ただ、もし教科書レベルの内容が理解できていない、一人で教科書を勉強するのが困難だという場合は、先述した調査書の事を考えた場合、家庭教師、塾のサポートを早い時期に受けた方が良いと思います。

当日の入試問題にしても教科書の内容が理解出来ていれば、8割~9割は解けますので、教科書レベルが理解出来ている場合は特に家庭教師や塾の力を借りなくても受験に臨む事は問題ありません。
ただ、この場合も調査書対策と同じで、教科書レベルの内容が理解出来ていないようであれば家庭教師、塾の力を借りた方が一人で勉強するよりは良いでしょう。

上位校の進学校を受験される場合は、当日のテストに出る2割程の応用問題が解けるかどうかで差が付きやすいので、そういう問題に対処出来るような力をつけたい場合は家庭教師や塾の力を借りた方良いでしょう。
なぜなら京都府は調査書を絶対評価という評価方法で点数を付けているので、成績上位者は調査書点ではほとんど差がつきません。故に成績上位者にとっては、当日のテストで合否が決まるといっても過言ではないのです。

私立高校受験にしても、中堅レベルまでであれば、家庭教師、塾の助けがなくても、学校の教科書内容で充分合格は可能です。
ただ、公立高校と同様で、教科書レベルの内容が理解できていない、一人で教科書を勉強するのが困難だという場合は、家庭教師、塾のサポートを受けた方が良いと思います。また、私立高校の上位校を目指す場合は、一人で勉強すすめていけるお子さんの場合は別ですが、基本的に学校の勉強だけでは難しい場合が多いので家庭教師、塾の助けを借りた方が賢明です。

ただ、一つ言えるのは家庭教師、塾に手助けしてもらったからと言っても、結局は自分の意志でやらないと学力は身につきません。学校の授業、教科書の内容が理解出来ていれば、公立高校ならトップクラスの高校、私立でも中堅以上には必ず合格出来ますので、普段からもっと学校の勉強を大切にして、コツコツ頑張る事が大事でしょう。

もし、家庭教師や塾の助けを借りない場合は、学校の勉強をしっかりと受けて、わからない問題を学校の先生に聞く事を強くすすめます。


管理者からのお願い

当サイトの京都府の高校入試情報、高校情報に関しては管理者が調べて載せている情報ですので、若干情報に誤りがある場合もあります。何かお気づきの点がありましたら、お問い合わせからお知らせ頂けると助かります。

京都の高校のHPを直接みてみたい方は京都府高校偏差値リンク集を参照して下さい。